流行らせたいお父さんなし平日キャンプ!シドニーから3時間とちょっと南下してLake ConjolaにあるIngenia Holidaysでキャンプしてきました! ~ シドニーでキャンプするよ!


平日キャンプといえど夏休み中。数泊で行けるところないかなーと探していると、以前に見た時は最低1週間だったはずのここが2泊で空いていました!きっと予約と予約の間の数日を売りに出してたのかな?

年に数回しか行かない未だ初心者?の私が全くの初心者の友人を誘い、Lake ConjolaにあるIngenia Holidaysまで行って来ました!

 

予約の段階では2家族別々に予約していたのですが、ちょっとあちらにトラブルがあり、1サイトに2家族(大人2人、子ども5人)で泊まることになりました。
車も2台止められて、広々ラグーンと呼ばれる水エリア横。
むしろ助け合えて好都合かも!?と前向きに捉えてテント設置完了。

 

友人のテントはこのキャンプの為に購入した新しい物なんですが、
必要なポールが1つ欠けていました。すでにお店に連絡して手配済みのようですが間に合わず。
ポールの部分どうしようかと考えていると、Theオージーなお父さんが声をかけてくれて、不要なポールとテープでさささっと代用を作ってくれました。すごーいと思いながらも嬉しいような、悔しいような(笑)。私もこんな風になりたいっ 😀

 

寝床は用意したので、あとは夕飯の準備。
キャンプ中の3日間、気温は20℃を少し超えたくらい。それでも子どもたちはプールに行く!と水の中へ入って行きました。寒いでしょ?

さて、私がここにずっと行ってみたいと思っていた理由の1つが施設の充実です。

 

子どもをプールで遊ばせながら、すぐ横のここでご飯の用意ができるんです。
電気ではなくガスのBBQなので、火力の調節が可能です。

 

ここで料理をしながら子どもたちが遊ぶお水エリアがちらっと確認できます。

夏休み中なのに、BBQもテーブルも全部埋まっていることはありませんでした。
気温のせいもあると思いますが、お水エリアも本当に空いていました。

 

これはPark Mapなんですが、水色はCabins、オレンジがPowered Sitesでその他はAnnual Sitesとなっています。外部から遊びに来る人が少ないせいもあるのかもしれません。

 

プール周りはぐるっとフェンスに囲まれています。
手前はお砂があり、海辺で遊ぶようにここで遊ばせることができますよ 🙂

子どもたちが遊んでいる間に夕飯の準備が完了。
プールから上がってブルブル寒い〜と言いながら夕飯を食べてテントへ。
その後はシャワーだとか、テントの中であれこれ遊んでいるもう寝る時間。
こうしてDay1はあっという間に終了しました。

 

Day2。
夜中は風がすごくて大人はよく眠れなかったにも関わらず、子どもたちはやけに早起き。
朝食を作り空を見上げるとグレーで、相変わらずの強風に最高気温20℃の予報。夏はどこかへ行ってしまった感じです。

風が強いので雲の流れも速く、たまに見える青空の時にバシバシ写真を取って来ました(笑)。

 

ちょっとお水遊びは寒いのでと、午前中はテニスコートへ。
大きなコートが2面。ここにバスケットボールのボードもありました。

 

テニスコートは予約が必要ですが無料で使用でき、ラケットも必要であれば無料で借りれます。

 

テニスの後はジャンピングピローへ。
2つあり、日よけも付いています 😉

 

ピンポンも無料でした。
テニス同様、ラケット&ボールも貸してもらえます 😀

このピンポンの奥に見えるのはゲームルームなんですが、そこにはトドラーズ用のプレイエリアがありました。雨の日にテントの外で遊びたい!と言われた時などはとても助かりますね。

そうこうしているうちに風が収まってきたので、子どもたちがまた水遊び!となりました。よしっ、着替えておいで!

 

ここがトドラーズも楽しめるスプレーエリア。

 

こんな感じですぐ横にテーブルと椅子があります。

 

カフェ横にあるので、コーヒーを飲みながら子どもを眺められいられますよ。

 

隣のスプラッシュエリアとの間にはしっかりフェンスがあります。

 

水着に着替えたジムニーとお友達はこちらのスプラッシュエリアへ。
バケツからは勢いよく、

 

ザバーン!ドカーン!と来ます 😀

 

滑り台もあり 😉

 

プールエリア、広いです!
プールサイドには大人が休める日陰もたくさんありました。
トドラーズのいるファミリーはお砂セット必須ですね 🙂

 

プール、スプレー、スプラッシュエリアの横にはカフェがあります。
ここにはパン、ソーセージ、ベーコンなども少し置いてありました。
テニス、ピンポンの予約はここでできます。

 

パーク内で遊べるパドルカートとカヤックは有料。
本当にお天気さえよければこれがしたかった。。。

また寒い寒いとプールから上がった後は、

 

天気回復。悔しいな〜。
そうこうしていると、ジムニーがキャンプ内でできたお友達ファミリーとフィッシングに行っていいかと。Lakeで釣りができるようで、釣竿を持って来ているファミリーはたくさんいました。

 

釣りの様子を見にLakeへ行く途中、プレイグラウンドが1つ、

 

ここにももう1つ。2つともLake沿いにあります。
Lakeではフィッシングを楽しむ人だけでなく、泳ぐ人たちもいましたよ。

 

さー釣れるかなー?

 

ジムニーのお友達が釣りあげたお魚。
取ってもいいサイズではないようでリリース。

 

ジムニー、よそのお宅の釣竿で粘りに粘りましたが、夕飯を釣るには至らず。
丁重にお礼をして戻って来ました。よかったね、ジムニー。

 

夕方になるとあちこちでカンガルーが見れます 🙂
カンガルーのキックボクシングも初めてライブで見ました。

戻って子どもたちはテントの中でモノポリー。
私は友人と談笑タイム。こうしてDay2もあっという間に終了。

 

Day3。
出発のこの日は本当にいいお天気。
青空の下、お片づけをしました。

テントサイトは11amよりチェックインできて、チェックアウトは10am。
バイクやスクーター持参の場合には、チェックイン時にヘルメットの確認と合わせて書類へのサインが必要です。

 

さて、「お父さんなしキャンプ」の良かったところですが、
1:お父さんたち、楽しんでるかな?と気を使わなくてもいい。
2:みんながノーメイク。写真撮影時はサングラスで隠せばいい。
3:「ご飯、昨日と一緒でいっか」と手抜きでもちっとも申し訳なく思わない。

きっとお父さんたちも1人の時間が楽しめて!?みんながハッピーになれる(かもしれない)お父さんなしキャンプ。流行る予感がプンプンします(笑)。

こんな風に書きましたが、我が家は次はお父さんを連れてここにリピートしますよ 😉

突風で日よけのポールが折れてしまいましたが、最高のキャンプサイトでした。
とってもおすすめです!

 

Ingenia Holidays Lake Conjola (Big 4)